総院長挨拶

医療法人たんぽぽ会歯科 理事長大嶋 俊一

気軽にお越しいただける、“歯のホームドクター”を目指しています。

1年365日・朝9時から夜10時まで診療、南欧風の外観や内装、ポスター等の掲示物が一切ない壁、スリッパに履き替えなくてもいい室内、オリジナルのBGM、作りこんだチャイルドルーム――。
これらは、一般的な歯科のイメージとは異なるかもしれません。しかし、小さなお子さまからご年配の方まで、少しでも「歯医者に行くのが楽しくなる」という気持ちになっていただきたいという思いから、私どもがずっと取り組み続けていることでもあります。
たんぽぽ会歯科が目指しているのは、地域の皆さまの歯に関するどんな小さな悩みにも寄り添える“歯のホームドクター”。年中無休の診療体制、訪問診療などを通して、お仕事がお忙しい方、育児や介護で時間に制約のある方であっても通いやすい、コンビニエンスストアのような身近で便利な医院づくりをこれからも進めていきたいと考えています。

患者様お一人おひとりを家族同様に考え、良質な歯科医療を提供いたします。

たんぽぽ会歯科の全医師全スタッフにとって、患者様お一人おひとりは家族同様の存在でもあります。その大切なお一人おひとりに最善の治療を提供するため、最新の技術を取り入れることはもちろん、じっくりと向き合ってご希望をお聞きし、丁寧な説明をさせていただくなど、技術面においてもコミュニケーション面においても、誠心誠意取り組んでおります。
院内に技工室を備え、歯科技工士が常駐する歯科は近年減少しておりますが、コストはかかろうともその安心と信頼面から、私どもは歯科技工士の常駐体制を継続してまいります。
良質な歯科医療を実現し、患者様に素敵な笑顔と感動を与えられるよう、「喜ばれることを喜びに」をモットーに、日々研讚してまいります。

医療法人たんぽぽ会歯科グループ 総院長 大嶋 俊一 国立広島大学卒

沿革

2001年 12月てらかどくりにっく 開院
2004年 3月うおずみモール歯科 開院
2006年 3月おおとり歯科 開院
2006年 6月医療法人たんぽぽ会 設立
2007年 10月たんぽぽ会歯科(本院) 開院
2009年 4月みと院 開院
2010年 11月あしはらばし院 開院
2012年 4月東淀川院 開院
2014年 4月和歌山院 開院
2014年 9月CAD/CAMシステムを導入
2014年 10月みと院 2階より1階に移転
2014年 12月おおとり歯科 移転リニューアル
沿革