ブログ

これからの歯科はCAD/CAMの時代に!

2018年8月16日 (木) おおとり歯科 [ 雑記 ]
28_08_02

こんにちは。たんぽぽ会歯科「おおとり歯科」院長 池田です。

 以前、ブログで3D光学カメラによる歯の修復物(いわゆる詰め物)の作製システムについてご紹介しました。カメラでお口の中を撮影(スキャン)し、コンピュータが画面上で歯の修復物を設計し、そのデータがミリングマシン(切刃を持つ工作機械)に送られ、自動的に作製されるという内容です。

このように、コンピュータのシステムに蓄えられたデータをもとに、自動的にモノを作り上げることをCAD/CAMシステムといいます。当院ではこのたび、前回ご紹介したシステム「セレック」の進化系モデルを導入する運びとなりました。

3D光学印象スキャナー「トロフィー」というCAD/CAMシステムです。ペンタイプのスキャナーでお口の中を読み取り、デジタルデータで印象採得(歯型取り)するのは「セレック」と同じですが、たとえば患者さんの舌や医師の指などの不要な映像は自動で消去することを可能にしました。また、データをCDではなく、直接技工所にメールで送信できるので、さらなる時間短縮が図れるようになりました。

歯の修復物は粘土状の印象材を患者さんの口の中に入れて歯型を取り、その型に石膏を流し、模型を作るのが一般的ですが、このとき印象剤の膨張や石膏のひずみ等で誤差が生じやすいという問題がありました。いかに精密な修復物を作り上げるかという点では間違いなく、CAD/CAMシステムのほうが上。歯科技工士が減ってきている状況でもあるので、これからますますCAD/CAMシステムの需要が高まっていくと思われます。

しかし、CAD/CAMシステムはボタンひとつで簡単にやれるものではなく、精密度を高めるための設定が必要なため、使いこなすのは容易なことではありません。医療現場で実践を重ねる一方で、設定の研究について日々取り組んでいるところです。

CAD/CAMシステムのような新しい機械を他院に先駆けて導入し、患者さんの負担軽減とより正確な治療を進めていきたいと思います。

 2018_0802

たんぽぽ会歯科全8院は、年中無休で診療しています。
ご質問や不安なことがございましたら、お気軽にご来院くださいませ。

 

ブログ

  • 過去のブログ

カテゴリー